座布団

実は座布団の仕立ては難しいのです。 体重がかかる部分の綿量を多くし、へたった時に水平に体を支えるように仕立てます。良い仕立ての座布団は、購入時に一辺のラインがキレイにカーブしているはず。使っていくうちにまっすぐになってきて、形のいい座布団になるのです。角までピンと綿が入っていることも大切なポイントです。みなさんも座布団をご購入の際はチェックしてみて下さいね。

座布団 ひとくちメモ

座布団は長方形だって知っていましたか?人間が正座をした形が長方形ですから、座布団が長方形なのは道理ですよね。中央の綴じ糸の形がY の字の場合、1本足の方に膝が来るように座ります。これ関西仕立。関東仕立は十文字。たった一つの綴じですが、中綿が動かないように重要な役割があるのです。また、座布団には1箇所縫い目のない輪の辺があります。中央の綴じ糸の形がYの字の一本足の方で、柄がある場合もその方向が上になります。お客様と向かい合わせに座った時、縫い目をキズとみなして、相手にキズを見せないという気遣いは日本の究極の礼儀ですね。

基本料金

◆銘仙判(55×59cm) 中綿:1.1kg

3,500円(税別)

◆八端判(59×63cm) 中綿:1.5kg

4,000円(税別)

◆導師判(68×73cm) 中綿:2kg

9,000円(税別)

◆収納用箱(2枚入り) ※導師座布団用

1,700円(税別)

◆収納用箱(1枚入り) ※導師座布団用

1,500円(税別)

※サイズ・中綿の重さはご相談ください。

※生地はお好きな柄を選んでいただけます。

生地サンプルはこちら

八端座布団・導師座布団の生地は、
お問合せフォームからご案内します。

特注座布団 色々お作りしています

  • 丹後ちりめんの座卓敷

  • 祭りの神輿を担ぐ時の肩ふとん

  • 大きなお手玉座布団

  • 丹後ちりめんの座布団

  • 料亭の座椅子用座布団

  • 重ね座布団(ロフティーより販売)

  • お寺の長座布団

  • 丹後の織屋さんの帯地で

※特注座布団の料金、制作期間など、詳しくはお問合せください。

長座布団

座ふとん2枚分くらいの長座ふとん「ちょっと横になっても楽です」と大人気です。暖卓のサイズに合った長さの座ふとんは、大勢で座った時には継ぎ目がなくてどこに座ってもOK」と喜びの声をいただいています。ゴロンとお昼寝にもいい具合だとか。

基本料金

◆長座布団(60×150cm)
※座ふとん3枚程度
10,000円(税別)

◆長座布団(60×100cm)
※座ふとん2枚程度
7,800円(税別)

※サイズ・中綿の重さはご相談ください。

※生地はお好きな柄を選んでいただけます。

生地サンプルはこちら

八端座布団・導師座布団の生地は、
お問合せフォームからご案内します。

TOP