ふとんの石堂/ブログ

  • 店主が汗だくになって作り出す長座布団

     


    10年前に作らせていただいた60×160㎝の長座布団です。
    居間で365日使っていらっしゃいました。
    カバーも擦り切れて傷んでしまったようで、10年ぶりの仕立て直しです。
    10年前お客様のご希望で中綿を通常より沢山入れましたのでぺっちゃんこになりながらも嵩がそれなりにあります。
    座布団自体の形は中綿の凹凸がないフラットな状態です。
    作らせていただいてから10年後の形を見て

    「よしよし」と安堵しますv(^^)v


    古い長座布団の中綿を打ち直しして、新しい生地に入れていきます。画像手前にあるわたを、60×160㎝の中に残部入れるのですから、すごい嵩になります。

     


    綴じ上げると膨らんでいた形がこっちりと収まりました。
    左右同じものですが右の方が大きく見えますね。
    それだけ側生地の中にしっかり中綿が入ったということです。

    座布団、敷ふとんは面積は小さくても沢山の中綿が入りますので女子にはとても重労働というより無理です。中綿のパワーに太刀打ちが出来ませんから。
    当店の大きな体の店主が、冬でも汗だくになって中綿と格闘した賜物なんですよ(;^_^A

  • 珍しい能柄の黒絵羽織をマルチカバーに

    お客様「とても図柄が気に入った羽織です。マルチがバーにして愛用したいと思います」

    こんな図柄の羽織、見たことがありません。
    表にも裏にもお気に入りの柄がストーリーに合わせて組み合わせました。

    別誂えで作家さんに染めてもらったのではないでしょうか。
    能に強い関心をお持ちの方?
    能の関係者さん?
    それとも、、、

    私の妄想癖が止まりません( *´艸`)

  • 古布の衣装を着たお雛さま

    このお顔が何とも愛らしくて、思わず私も(*^-^*)

    あまりにもかわいいので、季節関係なくお部屋に置いてニッコリしたいですね。

    思い出の着物をお雛様が来てくださるなんて嬉しいですね。

    正絹の古布が良い味を出しています。

  • 座布団になった着物達


    渋い藤色と鶯色の商標が付いたままの反物2反。
    洗い張り済みの紫の小紋と黒のお召の4点で銘仙座布団(55×59)を20枚作らせていただきました。
    座布団のデザインは「お任せします」
    ん~ん、どうしよう(^^;)
    「みんなが集まる時や、法事の時に使いたいと思っています」
    その一言をお聞きして、デザインが決まりました。

    大半はベーシックで行こう!法事のようなときは座布団は目立たず控えめがいいだろうと思ったから。
    何枚かは遊び心があるデザインで、少人数の時は楽しい感じの座布団もいいかも。

    出来上がったはかりの良い仕立ての座布団は、
    ・きれいな長方形である
    ・四方がカーブしている
    ・角までピンと綿が入っている
    ・ふっくらとかまぼこ型になっている

     

  • ハギレも生かして使えるものに

    座布団20枚を作らせていただいたわずかに残った生地は、巾着とテーブルライナーにしてお客様のもとにお返ししました。
    ハギレはきっと処分するすることになるでしょう。

  • 1 2 3 44
TOP