ふとんの石堂/ブログ

  • 着物リメイク 丹後ちりめんのこたつふとん

    この生地は着物ではありません。
    が、シルク100%の丹後ちりめんです。
    実は別染めをして着物の生地を染めるための色見本です。
    沢山着物の常用があったころは、呉服屋さんはこんな色見本を使って商売をしていたものです。
    必要なくなったけれどもシルクはシルクですからもったいないですよね。

    丹後ならではの贅沢なこたつふとんです。

  • SDGs 古い生地もリメイクふとんに再利用 

    表生地は以前のふとんの表生地だったそうです。
    洗濯をして今度のふとんの表生地に再利用しました。
    150×200cmだったふとんを今度は150×210cmにするので足らない部分は違和感ないように足布(上下の赤い部分)をしてデザイン、裏地は渋めのピンクブロードを付けました。
    掛ふとん用メキシコ綿の中綿を入れましたので季節のお変わり目、羽毛ふとんの上など使い道が多い布団になったと思います。

    最近「SDGs」が注目されていますが、まさに木綿わた入りのふとんはこれですね。
    今回は新しい中綿を入れましたが、まだ使えるふとんの側生地を再利用。
    当店では中綿に古い布団のわたを打ち直して入れることも日常にの業務として営業しています。
    「打ち直しは日本古来のエコ」ですから!

  • お客様の声 

    大阪からご来店いただいたお客様からお便りをいただきました。
    当店の仕事風景をお時間をいただいて見ていただいたんですよ。
    小学生の社会勉強のようですが、見たくてもなかなか見ることが出来ないと思っているので、タイミングが良ければ見学のお声かけをしています。
    当地丹後名物「バラ寿司」をご紹介したら購入して食べられたそうです。
    カニのシーズンを楽しみにしていらっしゃることも教えてくださいました。

    ようこそ、ようこそ丹後へ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    昨日は、いろいろとありがとうございました。
    大変勉強になりました
    綿の塊があんなに硬いとは、そして重いとはびっくりです
    ご主人の、誠実な物づくりに感心いたしました
    製綿の機械 綿菓子ができてきてるようですね、又、私の知らない
    分野で楽しかったです
    それに甘えて長々とお邪魔してすみませんでした
    娘に お手玉座布団渡してあげました、めっちゃ可愛いと喜んでました
    ありがとうございました
    昨日教えて頂いたバラ寿司 買って帰り晩御飯にしました
    甘くて おいしかったです
    今度はカニが食べたいなあ、と主人とプチ旅行に行った気分で話しながら
    帰りました 梨も甘かったですよ、今朝頂きました ご馳走様です
    最後になりましたが、素晴らしい作品ありがとうございました
    次回お会いできるのを楽しみにしております
  • 着物リメイク 大島紬で掛ふとんと枕のお揃いセット

    「お正月、父がこの大島紬のアンサンブルを着てみんなで食事をした時のことを思い出します」とお元気だったころの思い出を話して下さったお客様は、2話前の「手描きの着物を肌ふとんにリメイク」と同じ方です。
    奥様はちりめんの付け下げで、ご主人はこの大島紬でベットの上で年中使える薄めの肌掛ふとんを作らせていただきました。
    裏地には柔らかくて気持ちのいい和晒しのダブルガーゼ(ビンテージデニム色)を。

    肌掛ふとんは、セミダブル175×210で作りますが、アンサンブルなので十分生地はあります。
    で、お揃いの枕のオーダーもいただきました。
    低い枕だと首の具合がよくないそうですが、高すぎる枕もいかがなものでしょうか。
    あれこれと試してみてもなかなかしっくりくる枕に出会えてないとのことです。
    じゃあこんなのは?とご提案させていだいたのは高さ調節のできるそば殻入りの枕です。
    アナログですが四隅に付けたヒモを結ぶことで高さが自由に調節できます。
    そば殻は化繊綿やウレタン系ほど柔らかくなく、パイプ程硬くありません。
    中材が動きますからご自分の首の形に無理なくフィットします。

    後日、ご主人の首の調子が良いと報告をいただきました。

    もしかしたら亡きお父様の見えないパワーが働いたかも(^_-)-☆

    お客さんからいただいた感想をご紹介します。
    「主人の枕、気持ち良かったようです😁 帰ってからすぐに頂いたカバーつけて試し寝してました、朝は、満足げでした 思いがけず、昔から欲しがってた枕に出会えたみたいで喜んでました お布団は、もう少し寒くなったら出そうと思ってます、結果報告は後日になります 寝なくても、心地いいのは感触でわかります 、肌掛けのダウンと変わらない軽さで 早く寝てみたいです」

  • 鮫小紋を洗えるキルトケットに

    かわいい色の鮫小紋の着物を洗えるキルトケットにリメイクします。
    八掛の赤茶を足し布にしてデザインしてみました。
    自宅の洗濯機で丸洗いできますよ。

  • 1 2 3 59
TOP