ふとんの石堂/ブログ

  • ベビーふとんの話 クリーンなふとんとは?


    「ホコリが出ないふとん」

    「ダニがいないふとん」・・・次回のブログでお話しします。

    「洗えるふとん」・・・次回のブログでお話しします。

    こんなアピール表示してある商品が、クリーンなふとんとイメージしていらっしゃいませんか?

    確かに理想的なふとんのように思えますが、赤ちゃんにとって快適かどうかという一番大切なことを忘れていませんか?

    まず「ホコリが出ないふとん」と書いてある場合、表生地綿100%でも中綿はポリエステル100%がほとんどです。化繊はホコリは出にくいですが静電気で微粒子のハウスダストをふとんに寄せ付けます。

    手足をバタバタ動かすたびに、静電気が。
    顔を真っ赤にして泣こうものなら赤ちゃんの運動量はすごいものです。
    化繊綿入りふとんは嵩高くても肌に沿わず、保温力も低いので暖かくありません。

    おまけに、吸湿してくれない素材なので水分は全ーんぶ裏面に通ってしまい、フローリングはビショビショです。

    羽毛のベビーふとんが大手メーカーからも販売されています。
    羽毛は保温性が高い・軽いがいい点ですが、蒸れるという欠点もあることをご存じですか?化繊綿も同じです。
    ちっちゃなお赤ちゃんが発する水分はおしっこを含めてもかなりの量です。
    ふとんの中は日本の夏のように蒸し暑い状態です。
    暖かいんだけど不快なのです。

    当店がお勧めする木綿綿入りの赤ちゃんふとんは、かつての中綿と違って長繊維のメキシコ綿100%のバージンコットンです。長繊維なのでホコリが少なく、水分を吸い取りそして発散する天然の調湿力を持っています。

    肌沿いもよく、優しい暖かさや爽やかさが赤ちゃんのご機嫌を良くしてくれますよ。

     

     

  • ベビー敷ふとんの話 固いふとん?やわらかい布団?

    ばあば「赤ちゃんには木綿わたが入ったふとんがいいわよ」

    新米ママ「赤ちゃんの敷ふとんは、凹まない固いものを選びなさい」って指導があったから。。。。そんな古臭いふとんがいいんですかー? それに、ホコリが多いんじゃないですかー。。。それに洗えないんじゃないですかー(・´з`・)

    こんなやり取りをよく耳にします。
    ホントはどうなのか、皆さん悩まれているようですね。
    赤ちゃん本人の気持ちを考えて気持ちよく眠れるふとんを選んであげてください。

    赤ちゃんは、ママのお腹にいるときは背中を丸めてCの字で気持ちよく安心して過ごしていますよね。ところが生まれた途端にフラットな敷ふとんにまっすぐに寝かされます。多分、赤ちゃんは違和感を感じていることでしょう。

    生まれたばかりの赤ちゃんの脊椎は、まだグニャグニャしていて固まっていません。だから重たい頭を首が支えることが出来ないし、お座りができないのも背骨が体を支えられないからです。

    つまり、敷ふとんは固いものではなく適度な柔らかさがあって水分を十分吸ってくれる素材がいいのです。

    その条件を満たしてくれるのが、木綿綿入りの敷ふとんです。

    赤ちゃんは汗っかき。
    オシメからもお尻がむれないように蒸気を出している。
    赤ちゃんから出てきた水分を吸収してくれる敷きふとんを選ぶ。

    当然の流れでしょう。

     

     

  • 振袖、訪問着、長襦袢を使ってリメイク


    訪問着はタオルケットのように使うブランケットに


    振袖で座布団2枚分くらいの長座布団60×110
    55×59の普段使いの座布団3枚
    残りの生地は旅行の時に下着や靴下などの細かいものを入れる巾着を


    長襦袢はキャップ式のシーツにしました。
    敷ふとんに帽子をかぶせるようにセットし残りの生地は敷ふとんの下に敷きこみます。
    シルクの生地は、夏の暑い時期にひんやりしてとても気持ちがいいですよ。

  • おばあちゃんの裁縫道具入れ



    明治44年生まれのうちのおばあちゃんがおじいちゃんと結婚する時に持ってきた裁縫道具入れです。
    たぶん、90年ほど前のものかと、、、
    今も当店の仕事場で現役でいい仕事をしてくれています。

    裁縫道具入れもふとん屋らしく座布団の上に座ってお仕事です。

  • 振袖でクッションカバーと小物たち


    白地に古典柄の色とりどりの菊が映える振袖です。

    〈お客様〉
    クッションカバーを4枚と 残りの生地で旅行の時に靴下や下着などの細かいものをまとめて入れるような巾着ができますか?
    残りの生地を使って小物も作ってください。お任せします。

    着物の裏の生地もあしらって小物を出来るだけ沢山作ってみました。
    生地を残さないように取るのは、パズルをしているようになかなか悩みますが、とても楽しい作業です。

     

  • 1 2 3 39
TOP