◆キモノ リメイク 1◆

1 2 3


思い出の着物からのリメイク

タンスの中に思い出の着物が眠っているという方いらっしゃいませんか?
おばあちゃんやお母さんの思い出、自分の思い出が詰まった着物を
リメイクして再利用してみましょう!
着物や羽織で、掛ふとん・ケット・座布団・小物など いろいろ出来ます

着物のまま残しておくのも良いですが、こうやって日常生活で使えるものにするとさらに愛着が湧いてきます。みなさんも是非どうぞ!


リメイクして大変身!!



生地見積り
種類 サイズ 羽織・コート 着物
掛ふとん(シングル) 150*200
全部使って
鏡表にする 
身頃と袖を使って
鏡表にする
掛ふとん(ダブル) 190*210 全部使って
鏡表にする 
身頃と袖を使って
鏡表にする
掛ふとん(ベビー) 110*135 身頃を使って
鏡表にする
身頃を使って
鏡表にする
敷ふとん(シングル) 100*200 全部使って
裏地付きにする
全部使う
敷ふとん(ダブル) 140*210
全部使って
裏地付きにする
全部使って
裏地付きにする
敷ふとん(ベビー) 90*140 全部使って
両面出来る
身頃と袖を使って
両面出来る
座布団(銘仙判) 55*59 3枚~4枚出来る 5枚~6枚出来る
座布団(八反判) 59*63 3枚出来る 5枚出来る
座布団(導師判) 65*70 身頃と袖を使う 身頃を使う
ちりめんケット(羽織) 100*120 全部使う .
ちりめんケット(着物) 120*170 . 全部使う
作務衣(上着のみ) . 全部使う 2枚できる

*掛ふとんまたは裏生地付き敷ふとんの場合、裏生地が必要です(別料金)

*上記料金には綿の金額は含まれていません

中綿は木綿わたと国産絹手引き真綿があります
中綿の重さ・金額・さいずなどについてはご相談ください


 国産絹手引き真綿掛ふとん  47000円~ 税別
   シングルサイズ(真綿500g入り・裏地・仕立て代含む)

*仕立て料金は参考価格のため 一定ではありません

お見積もりを致しますのでご相談ください


*着物解体・湯のし代はは別料金です(3000円 税別)
*クリーニングをご希望の方はお申し付けください

メール、FAX、お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい

ご注文・お問い合わせはこちらから

私の母が生前、いつも気に入って着ていた着物があったんです。その着物で掛ふとんを作ってプレゼントしたのですが、母が他界してから捨てるに捨てられなく、この思い出いっぱいの掛ふとんをほどき再び座布団として作り直しました。今は母の仏前に置いてあります。この座布団に座ると、母のそばにいるような感じがして落ち着くんですよ。
きっと母も喜んでくれてると思います。


今までたくさんのリメイクをやってきました。
参考にしてください!!

「ふとんのリフォーム」のページにも紹介しています。



丹後ちりめんを使ったダブルサイズの掛ふとんと敷ふとんです
ご両親から息子さん夫婦へのプレゼント
和綴じ(手綴じ)の美しさのも注目してください
ちりめん掛ふとん 和ぶとん ダブルサイズ
ふとん
  お召敷ふとん 和ふとん リバーシブル ダブルサイズ
敷ふとん



沢山の着なくなった着物達
たんすに眠らせておくのはもったいない
ちりめんケット
ひざ掛け、お昼寝ケット、ソファーにかけて
ベットカバーにしても
着物リメイク 
着物リメイク ちりめんケット


ちりめんケット 
ひざ掛け、お昼寝、お出かけにも便利
ホコリが出ないし静電気も起きないので赤ちゃんにも安心です
家庭で手洗いできるのでうれしいかも
 

着物リメイク ちりめんケット 着物リメイク ちりめんケット


無地の着物水色とピンクを使ってリバーシブルのベットカバーです
アクセントに小紋の着物のハギレを入れました

着物リメイク  ベットカバー ちりめんケット 着物リメイク  ベットカバー ちりめんケット 着物リメイク  ベットカバー ちりめんケット



お気に入りの私の振袖
袖を通すことはなくなりましたが
ちりめんケットでお気に入りを楽しみます
鮫小紋の着物一枚で裏表できます
サイズは130×180程度
中綿は手引き真綿(正絹)を入れ
絹100パーセントの肌ふとんにしました
着物リメイク  ちりめんケット

ご注文・お問い合わせはこちらから


紬の思い出の着物でした
身に着けるものにしたくてちりよけとおでんちにしました
おでんちは手引きの真綿(正絹)を入れたので
とても軽く嵩も低く暖かです



娘時代の絞りの染め帯です
こんな軽い肌布団に変身するとは思いませんでした
正絹小紋のちりめんの反物で洋服の上に着るちりよけ
軽くて暖かくて涼しくて すべりがよく嵩張らず
おまけにゴミがつかないといいこと尽くし



お嫁に持ってきた羽織一枚で
クッション、ミニ座布団、テレビ枕,テーブルライナーテーブルセンター、暖簾など
生活の中で使えるものに変身しました
両親の気持ちにあらためて感謝して作りました



古い反物をお気に入りの色に染め、客用座ふとん20枚作りました
絹の光沢と肌触りがたまりません



おばあちゃんの娘時代の帯でした
モスリンの帯は色鮮やかにタピスリーに蘇りました
黒の絵羽織でした
大名行列のような柄がおもしろくて
タピスリーにしてみました


ご注文・お問い合わせはこちらから


明治時代の丸帯です
絹の生地が劣化して脆くなっているので
裏打ちをしてタピスリーにしました
古風を楽しみます
黒の絵羽織でした
大名行列のような柄がおもしろくて
タピスリーにしてみました



いつも笑いを絶やさない暮らしを・・・
の思いで自分で染められたそうです
その後皆さんにプレゼントしたそうです
ワハハ  ^O^



座布団には裏表があります
表を上にすると 畳にしっとり添う形になっているでしょ
裏面は絞りを楽しみます



振袖でした
汚れも目立って着物では着れませんが
今度は敷きふとんで楽しみます
振袖でした
汚れも目立って着物では着れませんが
今度は敷きふとんで楽しみます


ご注文・お問い合わせはこちらから


ちりめんで中綿を入れない肌ふとんを作りました。
肌にぴったり添い、コンパクトで温かく涼しい不思議な感触です。ちりめんケットと呼びましょうか。
母の思い出の黒のコートでした
赤の生地を合わせ楽しく使います
着物リメイク ちりめんケット 振袖




子供のときのかわいい着物でした。



和風の柄が気に入りました
反物を購入して着物ではなく座布団にしました
丹後ちりめん座卓敷です
しっかり木綿わたを入れてありますから
畳を傷つけることがありません



○半端になったちりめんも
こんなにきれいな座布団に変身
付け下げの着物でした
着物一枚で座布団が5枚取れました



昔、赤ちゃんをおんぶした時のわた入り袢纏でした
今度は座布団に・・・



テレビ枕です
座布団とおそろいで・・・
ハギレで残っていたものです
使い道に困っていたのですが、毎日使うものになりました


ご注文・お問い合わせはこちらから


初孫のために
おばあちゃんの派手になった着物でリフォーム
機屋さんの娘さんの婚礼布団です
両親が織り上げた丹後ちりめんでお嫁入り



派手になった総絞りの羽織を掛布団に利用しました
敷ふとんは無地に別染めしたものです
おばあちゃんから孫への最高の贈り物になりました



総絞りの振袖とその八掛(赤)を取り合わせた
「そば処 ふじわら」の座布団
紬の茶席座布団



八反判の丹後ちりめん座布団 丹後ちりめんを掛け、敷、枕をセットにしました



辻が花模様のちりめんで華やかな掛け布団 中綿に手引き真綿を入れた真綿布団
羽毛でもない木綿わたでもない
フィット感に感動しています



贅沢に正絹の敷き布団 お気に入りのウールの着物は敷布団に
生まれ変わりました



たんすに眠っていた懐かしい着物を娘へ 紬の着物も敷ふとんに

ご注文・お問い合わせはこちらから


母の形見を肌布団にして主人と私で使います 付け下げの着物でした



還暦のお祝いにちりめんの座布団
息子さんからお母さんへ
 帯地を利用してミニ着物。(総丈40cm程度)



紬の反物で座布団カバー 古布を合わせて夏座布団



染見本を利用して切れ取りの座布団。いろいろなデザインで楽しいですね



ちりめんの端切れを取り合わせて座布団に  古布を利用して茶席座布団に



形見の絞り襦袢を薄い肌布団に仕立てました
生地が絞りで薄いので軽くて体にフィットして気持ちいいです
 ウールのアンサンブルでした



産着をかけふとんにしました  小紋の着物でした

ご注文・お問い合わせはこちらから


○ウールの着物1枚で敷き布団1枚作ります ○とても好きだった着物を今度は掛ふとんで着ます



○小紋の着物から掛・敷(裏付き)作りました 絹綿を軽く入れた真綿肌布団



○化繊の風呂敷を使ってかわいい座布団  ○化繊の風呂敷を使ってかわいい座布団 



○縫い取りちりめんで両面使える合わせののれん ○かわいい柄に細かい小紋を取り合わせたのれん



古布を帯裏地に縫い付けてセンターライナー 30*30程度のちりめんクッション

ご注文・お問い合わせはこちらから

我が家で織った正絹ネクタイ生地で敷ふとんを作りました 若い時の着物でした


若い頃の着物を今度は掛け布団にしてきます ウールの着物一枚から敷布団一枚取れました



父が織ったちりめんで作った羽織でしたが今度は
掛布団一枚とクッション1個にして使います
付下げから掛布団へ



はぎれで座布団1枚作成しました
アンサンブルの残布だったそうです
夏用着物1枚で夏用座布団5枚を作成 いろいろな生地の座布団も
楽しいですよ



はぎれも合わせたらこんな素敵なデザインの座ふとんになりました



丹後ちりめんで作った大きなりん台です
大きいのは木魚の座布団に使います
ウールの着物3枚でこたつ布団上下を作成しました
温かさが違います


思い出の振袖を使って孫のベビー布団上下を作ってお祝いしました

ご注文・お問い合わせはこちらから

ウールの着物を綿入りでんちにしました 使わなくなった染見本で敷き布団を作りました
もったいないですから



紬の反物で茶席座布団9枚出来ました 丹後ちりめんの茶席座布団です
お嫁に持ってきた丸帯を導師座布団にリメイクしました(75歳のお客様)


仕立てずに置いていたちりめんで座布団    付け下げの反物が座布団に(銘仙判5枚)


もう着れない色の着物も掛けふとんで着ます お遍路さんになってお寺で捺印をしてもらった生地で作ったお守りふとんです。身体の悪いところに当てて御かげをいただくそうです

「ふとんのリフォーム」のページにも紹介しています。

ご注文・お問い合わせはこちらから

1 2 3
HOMEに戻る

ふとんの石堂
〒629-3101  京都府京丹後市網野町網野750
TEL 0772-72-0547
FAX 0772-72-6540
Eメール ishidou@snow.plala.or.jp