着物リメイク/制作事例

今は着なくなったけれど大切な思い出の詰まった着物を日常生活で使えるものに。
これまでたくさんのリメイクをやってきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 珍しい能柄の黒絵羽織をマルチカバーに

    お客様「とても図柄が気に入った羽織です。マルチがバーにして愛用したいと思います」

    こんな図柄の羽織、見たことがありません。
    表にも裏にもお気に入りの柄がストーリーに合わせて組み合わせました。

    別誂えで作家さんに染めてもらったのではないでしょうか。
    能に強い関心をお持ちの方?
    能の関係者さん?
    それとも、、、

    私の妄想癖が止まりません( *´艸`)

  • 古布の衣装を着たお雛さま

    このお顔が何とも愛らしくて、思わず私も(*^-^*)

    あまりにもかわいいので、季節関係なくお部屋に置いてニッコリしたいですね。

    思い出の着物をお雛様が来てくださるなんて嬉しいですね。

    正絹の古布が良い味を出しています。

  • 座布団になった着物達


    渋い藤色と鶯色の商標が付いたままの反物2反。
    洗い張り済みの紫の小紋と黒のお召の4点で銘仙座布団(55×59)を20枚作らせていただきました。
    座布団のデザインは「お任せします」
    ん~ん、どうしよう(^^;)
    「みんなが集まる時や、法事の時に使いたいと思っています」
    その一言をお聞きして、デザインが決まりました。

    大半はベーシックで行こう!法事のようなときは座布団は目立たず控えめがいいだろうと思ったから。
    何枚かは遊び心があるデザインで、少人数の時は楽しい感じの座布団もいいかも。

    出来上がったはかりの良い仕立ての座布団は、
    ・きれいな長方形である
    ・四方がカーブしている
    ・角までピンと綿が入っている
    ・ふっくらとかまぼこ型になっている

     

  • ハギレも生かして使えるものに

    座布団20枚を作らせていただいたわずかに残った生地は、巾着とテーブルライナーにしてお客様のもとにお返ししました。
    ハギレはきっと処分するすることになるでしょう。

  • 残りの生地も無駄なく小物に変身


    ブランケットを4枚取った残りのハギレは残さずに小物にしてほしいとお客様からのご依頼です。
    巾着やエコバック、BOXテッシュカバー、小さめのマルチカバー(裏には八掛のボカシの部分を利用しました)

    残りの生地で作られた小物達は依頼主様の予定外の副産物の場合がほとんどですが、依頼主さんの一番身近で思い出を楽しませてくれるアイテムになっているのではないでしょうか。

  • 1 2 3 17
TOP