着物リメイク/制作事例

今は着なくなったけれど大切な思い出の詰まった着物を日常生活で使えるものに。
これまでたくさんのリメイクをやってきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 帯でバック、着物でブランケット、伊達襟でクッシィンカバー

    着物の事は何も分からないとおっしゃるいつもお世話になるお客様。
    「お気に入りの帯を洗っちゃったんだよね。どうしたら良い?」

    え〜!!!😅
    「取りあえず送ってください。拝見してから相談しましょう。」

    何でもガバガバ入ってしまう大き目のカバンとバックインバックのポーチに変身です。

    とっても可愛い帯だったのでとっても可愛いカバンが出来ました。

    荷物にはかわいい小紋の着物も入っていて、ブランケットにリメイクです。
    ブランケットは絹ですので
    ホコリも出ない
    静電気も起きない
    畳んでもコンパクト
    自宅で手洗いできる
    ペットと暮らしていらっしゃる方なら、ペットの毛がつかない
    夏のタオルケット代わりに就寝時に使うと蒸れ感がなく涼しい
    お昼寝などの羽織としても
    絹だから赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える

    など、良いことづくしですね。

    「コレって何かに出来る?」と荷物に入っていた伊達襟4本は45cm角のクッションカバーに。
    素材が化繊だから洗濯などの扱いがいいかもね。

     

     

     

  • ウールの着物も座布団に

    ウールの素材はシミなどの虫との戦いがあるんですよねー

    手作り上手な人に「どう?」ってお勧めしても手は出てこないです。

    でもねウールは破れ難くて丈夫なんです。

    使わずに仕舞い込まずに日常で使っていると虫の心配は全くありません。

    だから、座布団の側生地にはもってこいでしょう。

     

  • 着物リメイクの商品作りはなかなか、、、(^^;


    着物の表生地は解体すると 右見頃、左見頃、衽2枚、袖2枚、本衿、上衿の8枚の布になります。目的の大きさに繋ぎ合わせていくのです。布団類を作る時は中綿が入るといろいろな圧力によって傷みやすいので、出来るだけ大きな布のままで縫製したいと考えています。やはり見た目が重要ですので、デザインには悩みます。訪問着、振袖、留袖などの絵羽柄になっている着物は、時には柄を合わせてのデザインにしたりします。繋ぎ合わせる部分が多いので縫製にも手間がかかり、当然、縫い目にアイロンがけする箇所も多くなります。

    ちりめんのように、伸び縮みする生地は中綿を入れると少し伸びます。横と縦の伸び具合も違います。縫製、綿入れの作業でその具合の教科書はありませんので経験から判断し大きさを調節します。

    ちりめんのような絹の生地に中綿を入れ出来上がると、中綿のシワや段差が顕著に表に出ます。出来栄え悪い商品になってしまうのです。つまり綿入れの技術が問われることになります。


     

     

     

     

     

  • 丹後ちりめんの市松柄座布団

    渋い紫と白のハギレが、粋な座布団とテッシュのボックスカバーになりました。座布団のかまぼこ型のラインが綺麗ですね。

  • 座布団、クッション、小物たち

    お母様の着物、ご主人の七五三の時の羽織、着物、袴を家紋を生かしたデザインして座布団とクッションにしました。

    八掛や残った生地は小物たちに生まれ変わりました。

    ≪お客様の嬉しい声≫

    本日荷物を受け取りました。
    箱の中身をすべて出して並べて見ると
    どれも素敵で感動しました。

    夫の七五三の着物と義母の白い着物は
    かなり染み酷かったので、一度はゴミ袋に入れたものの
    やはり思い出の品だから2、3枚でも座布団にできたらと送った着物が
    染みが綺麗になって8枚の座布団と2個のクッションに生まれ変わり
    本当にお願いして良かったと思いました。

    本当に素敵なリメイクありがとうございました。
    私も自分のブランケットが欲しくなったので、またお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご主人の七五三詣りの時の着物とは知りませんでしたねー
    確かに永い年月が、タンスで眠っている間に思い出の品をひどい姿にしてしまいます。
    一度はゴミ袋に・・・
    でも、優しい心が救いの手を差し伸べたのです。
    と、いつもの私の妄想劇が頭の中をよぎります。

    切ったり斫ったり、、、
    なかなかの手強い相手に闘志が燃えます。
    家紋を生かしたいし、出来るだけ小さく切りたくないこともあって デザインに悩みました。二つとして同じものはありません。

    今回、関東の方からのご依頼なので、座布団の中綴じは十文字に綴じ上げました。
    ちなみに関西は三つ足の逆さYの字です。

    古くなっても、さすがシルクです。
    上品な光沢が永い年月経っても健在ですね。

    元の着物の姿を知っている人は、変身した着物たちに皆さんびっくりされます。

  • 1 2 3 14
TOP