ふとんの石堂/商品情報

  • 和尚さんの座布団

    「座布団を見ればそのふとん屋の技量が全てわかる」

    面積は小さいけれどワタの量が多く、形の良し悪しが一目瞭然に分かり、綿入れが難しいのが座布団です。4辺がカーブしかまぼこ型にふっくらとしています。ペッチャンコになった時、凹凸のない均等な中綿になる座布団がベストです。

    座布団は長方形です。縦長に使用します。生地が輪になっている方が膝が来るように座ります。

  • 世の中に無かったこたつ布団を作りました


    足腰に疾患を抱えていらっしゃる方に人気の低めの椅子で入れるコタツ、つまり、少し足の長いコタツが販売されている。コタツ本体とコタツ布団がセットで販売されているらしい。しかし、布団を新調しようと思っても単品では販売していないそうだ。

    新調理由の多くは「寒い」

    現物を見せてもらったが、確かに薄っぺらだしコーナーはコンパクトになるように布一枚に仕立ててある。保温性より中が見えないようにという見た目の良いカバーという感じかな。これでは寒いはずだ。

    「上掛けや毛布などを中に掛けたらどう?」とアドバイスすると

    「たくさん重ねると机の高さが高くなって椅子とのバランスが悪い」

    「立つ時座る時、天板に頼って手をつくとグラグラして安定が悪い」

    「何枚も捲ってコタツに毎回入るのは煩わしい」

    最後には

    「もうそんなんやってみたわ!!💢」

    世の中に無いものは、作れば良い🌟🌟

    ということで、角を丸くしたコーナーラウンド型にし、こたつに高さがあるので、手綴じではなく4列のキルト仕立てにした。高さがある分だけ布団の大きさを大きく作る。もちろん中綿は木綿わた100%の純綿を入れている。嵩はないが体にフィットして暖かさはバッチリ!

    このコタツ布団のご注文いただいたお客様は、家族が車椅子生活をしているので冬の快適生活のためにがどうしても必要とのこと。

    今年の冬は足下から暖かくして快適生活を(^^)

     

  • うずら織の丹後ちりめん座布団と腰枕


    中高に仕立て上げた特注の座布団と腰当てです。

    別織、別染めしたうずら織、絹100パーセント丹後ちりめんの贅沢な生地を使用しています。さすが絹の上品な光沢が綺麗ですね。

    角房をタップリ多くし、中綴じはしないというお客様の要望でした。座布団と腰当ての2点セットは、嵩高さを維持するように仕立て上げています(企業秘密(^_^)

    京都市内の高級料亭で10月からお座敷にデビューです。

     

  • オーガニックコットンの肌布団

    中綿をオーガニックコットンを800g入れた極薄の肌布団です。これまで1.3kgの中綿でしたが更に薄く入れた新商品を作りました。

    写真からもわかるように優しい木綿の肌触りが身体を包み込みます。通気性がよく調湿効果が優れている木綿だからこそ、夏のクーラーの中でも、春秋の温度調節の難しい時期でも、また肌に直接着ることで冬の肩口からの冷気をシャットアウトし快適な睡眠をお届けできます。

    一年中愛用していただける商品になりました。

    オールコットン100%の安心安全、快適な新商品を是非皆様にお試しいただきたいと思います。

  • お神輿 肩座布団

    古くなったお神輿を担ぐ時の方座布団50枚の注文をいただきました。地区のロゴを白でプリントし、輿棒にくくりつける紐2本付きです。カッコイイ!

    黒ということもあって、来店されたお客様全員が

    「コレは何するもの?

  • 1 2 3 10
TOP