ふとんの石堂/商品情報

ベビーふとんの話 クリーンなふとんとは?


「ホコリが出ないふとん」

「ダニがいないふとん」・・・次回のブログでお話しします。

「洗えるふとん」・・・次回のブログでお話しします。

こんなアピール表示してある商品が、クリーンなふとんとイメージしていらっしゃいませんか?

確かに理想的なふとんのように思えますが、赤ちゃんにとって快適かどうかという一番大切なことを忘れていませんか?

まず「ホコリが出ないふとん」と書いてある場合、表生地綿100%でも中綿はポリエステル100%がほとんどです。化繊はホコリは出にくいですが静電気で微粒子のハウスダストをふとんに寄せ付けます。

手足をバタバタ動かすたびに、静電気が。
顔を真っ赤にして泣こうものなら赤ちゃんの運動量はすごいものです。
化繊綿入りふとんは嵩高くても肌に沿わず、保温力も低いので暖かくありません。

おまけに、吸湿してくれない素材なので水分は全ーんぶ裏面に通ってしまい、フローリングはビショビショです。

羽毛のベビーふとんが大手メーカーからも販売されています。
羽毛は保温性が高い・軽いがいい点ですが、蒸れるという欠点もあることをご存じですか?化繊綿も同じです。
ちっちゃなお赤ちゃんが発する水分はおしっこを含めてもかなりの量です。
ふとんの中は日本の夏のように蒸し暑い状態です。
暖かいんだけど不快なのです。

当店がお勧めする木綿綿入りの赤ちゃんふとんは、かつての中綿と違って長繊維のメキシコ綿100%のバージンコットンです。長繊維なのでホコリが少なく、水分を吸い取りそして発散する天然の調湿力を持っています。

肌沿いもよく、優しい暖かさや爽やかさが赤ちゃんのご機嫌を良くしてくれますよ。

 

 

TOP